おまとめローンが借りられない

おまとめローンは誰でも借りる事が出来るというわけではありません。どのような人が審査に通らないのかを考えてみました。そしてその解決方法をご紹介します。


こんな人は絶対おまとめローンを借りる事ができない

借入件数がとてつもなく多い人です。2から3社程度ならまだいいでしょう。5社を超えると、だいぶおまとめローンを組むのは厳しくなってくるというのが現実です。それ以上になると、おそらく借りられないと思ってもいいでしょう。その場合は、各社に返済方法の変更を申し出てみてはいかがでしょうか。決して返すための借り入れをこれ以上せず、少しずつ返済をしていくのです。その場合は、金利の高い所から優先して返済していくことをおすすめします。


借入額が限度を超えている場合

借入合計額が総量規制を超えてしまっている場合は、借り入れができません。ですがどこの金融機関を利用するかによって変わってきます。消費者金融では総量規制を超えると借り入れできませんが、銀行であれば借入することが出来ます。銀行では、総量規制の制限はかかりませんが、審査は厳しくなるので、審査次第にはなりますが、借り入れできる可能性は残っているので、あきらめずに借り入れできる銀行を探すといいでしょう。

おまとめローンと信用情報

おまとめローンの審査でもカードローン審査の時と同じように「属性」と「信用情報」が評価されます。また借入の一本化が目的である為、希望借入額が高額になる事が予想されます。よって、その分審査も厳しくなりますからきちんと対策を行なっていきましょう。


返済専用のおまとめローン

おまとめローン審査では借入件数が最も重要になってきます。信用情報には各契約先の細かな情報まで管理されており、ごまかしは一切ききません。審査が厳しくなってくると3件以上のおまとめローンは不利になってきます。努力できる範囲で審査申し込みまでにその件数を減らしていくのが理想的だと言えるでしょう。まずは、複数の借入れ先の中で返済優先度を決めます。金利が高く、借入が少額の借入先を最優先にしましょう。


どうしても新規の借入が必要なら

優先度が高い借入先への完済が自力では難しい場合は、金利の低い借入先の限度額を上げてもらいましょう。返済履歴に問題がなければ交渉がうまくいく可能性も高くなります。限度額が上がれば、少額借入をその枠で借換えましょう。これで一つ借入先がまとまる事になります。また過去5年間に返済遅延などの記録があると不利になるので気をつけましょう。

おまとめローンに申込むべきタイミング

おまとめローンに申込もうと考えているということは、現在2~3件かもしくはそれ以上の借入があって、なおかつ毎月の支払いに多少の辛さを感じている状態なのではないでしょうか。おまとめローンなら借金を一本化させて利息を減らすことができるので大変おすすめです。


おまとめローンはとても便利で有意義なサービス

借金を一本化させるということは、借入をしている複数の会社を一つの会社にまとめるということです。それによって払わなければいけない利息が減り、返済する際の面倒もなくなるのでとても便利です。


少しでも必要と感じたらすぐに申し込みを

おまとめローンに申し込みをしたいと思ったのなら、それが申し込むべきタイミングだと言えます。借金の件数が増えてくると、お金を返す為に他の会社で借りたお金を使って補填するということになりかねません。借金を借金で返すというサイクルに一度はまってしまうとなかなか出られませんし、そこでまた新たに借入を行なうよりおまとめローンに申し込んで利息の額を減らす方が賢明です。それに件数があまりに増えてからおまとめローンに申し込むと、全ての借入を一本化できる可能性は下がってしまいます。そうならないためにも、少しでも返済が困難だと感じたらすぐに審査の申し込みをする様にしましょう。

借金苦なんかに負けないためにおまとめローン

おまとめローンは、借金苦でもうどうにもならないと全てを投げ出す前に利用を検討してもらいたいものの1つです。


借金でお先真っ暗に

おまとめローンで借り入れ先をまとめてしまうことで返済が楽になることはきっとここをご覧になっている方ならすでにご理解いただいていることかと思いますが、おそらくここをご覧になっている方にとっては「返済が楽になる」程度じゃもうどうにもならないという状態の方も多いのではないかと勝手に推測してこのコラムを書いております。私もかくなる上は内臓でも売るしかないかと思うほど追いつめられたことがありました。30代半ばで会社がつぶれてしまい完全に無職になってしまいまして、その時点で借金は290万ほどありました。30代の男が正社員として働いてやっと月々の返済がなんとかなっていた状態だったのに、無収入になってしまっては「ああ、もうどうにもならない」と目の前が本当に真っ暗になった思いでした。


光を照らしてくれたのがおまとめローン

元々いた会社の仕事の関連で何とか契約社員として再就職は出来たものの月収は3割減。月々の返済なんか出来る状態ではなかったのですが、そんな時ネットでおまとめローンの存在を知り、不安も恥もかなぐり捨てて相談に乗ってもらいました。すると、今の月収で返済も出来て元金もちゃんと減っていくようなプランで借り換えることが出来ました。あの時勇気を出して相談に行っていなかったら今頃首をくくっていたかもと思うと、本当に相談して良かったと思います。

おまとめローンと借入件数

おまとめローン審査において、借入件数は多ければ多い程悪影響を及ぼします。審査前にはできるだけ減らすように努力しましょう。借入件数が多くても借換えが可能なおまとめローンはいくつかありますが、金利が高くなるようでは一本化するメリットはどこにもありません。できるだけ好待遇で融資を受ける為に、まずは現状打破を目指しましょう。


借入件数を減らす具体案

借入件数を減らすための具体案としては、金利の低い借入先の限度額を上げて貰えないか交渉をする事です。空いた与信枠に少額の借入をまとめるのです。返済資金がすぐに用意できない場合は、この方法が一番現実的だと言えるでしょう。しかし、この交渉を進める為には返済履歴の優良な実績が必要不可欠です。返済遅延などの記録は過去5年間分まるまる保存されています。よって過去に戻る事は不可能なので、今の時点から最前の努力を行なえば希望はあるかもしれません。


おまとめローン審査に向けて

また、優先順位として少額で約定金利の高い借入先から完済を目指しましょう。このように優先順位を明確にしていく事で効率のよい返済を進める事ができます。借入先を少しでもまとめたという実績があれば、審査は通過しやすくなります。

おまとめローンの仕組みについて

おまとめローンは借入を一本化させることにより、返済額を減らすことができる仕組みになっています。借入件数が多くなってしまい、月々の支払いが負担になっている様な多重債務者向けのサービスです。現在借入の返済で悩んでいて申込をしたいと考えている人も多数いらっしゃるとは思いますが、その具体的なシステムや方法については把握しきれていない人が多いのではないでしょうか。この記事では、おまとめローンの仕組みの詳細について


おまとめローンで借金の一本化を

おまとめローンとは、サービスを取り扱う金融機関が申込者の借入を肩代わりして一括で支払いをし、今度は申込者その金融機関に返済を行なっていくというローンのことです。つまり、複数のローンを全て一つにまとめることができるので「おまとめローン」と呼ばれているのです。借入件数や額によっては全件まとめることができない場合もありますが、それでもかなりの負担は減るはずです。


一本化させることで生じるメリットとは、まず利息の額が減るということです。今までは複数の金融機関に対して払っていた利息が、おまとめローンを使うことにより一か所だけの利息となるので負担もその分減らせます。また複数の借入があると返済日も複数存在し、その度に各所に支払いをしなければいけなくなりますが一本化させることでこういった手間も無くすことができるのです。